薬剤科

薬剤科

処方調剤

当院の外来診療では全科において院内処方箋を発行しているため、診察から会計及び薬のお渡しまで一度でスムーズに行えます。希望により、薬の変更追加、一包化や日数の調節が窓口で簡単にできます。

この際、お薬の飲み方や種類・使い方や量に問題はないか、他の診療科のお薬と重複しないか、飲み合わせに問題ないかを確認しながら細心の注意を払って調剤を行っています。

注射調剤

医師よりオーダーされた注射箋にしたがい、注射の量・投薬時間・投薬方法・配合変化に問題がないか確認し、患者さんの氏名・投薬日・薬剤名などを記載したラベルをセットして病棟・外来へ払出しをしています。また、TDMシミュレーションソフトによるバンコマイシンシ注の処方設計も行っています。

医薬品管理

院内で使用する薬品の購入を行い、薬剤部・病棟・外来などに払い出す注射薬・内服薬の数を把握し、在庫管理を行っています。 また、有効期限・保管方法などの品質管理についても定期的に点検しています。

医薬品情報

医薬品には、投与方法・投与量・相互作用・副作用など、様々な情報があります。

これらの医薬品に関する情報を収集・整理・保管し、医師・看護師・コメディカルと情報提供を行い、適切な薬物療法が行えるように支援しています。

また、医薬品情報ニュースの発行、院内薬品集の編集などの業務も行っています。

【薬剤師】2名

薬剤管理指導者業

患者さんが正しい認識で正確な服薬が行えるよう、処方されたお薬を薬剤師が1回服用毎にセットし、お飲み方・お薬の作用・服薬意義・注意点など、医師の同意に基づき入院患者さんやご家族に説明します。

また、服薬状況や副作用発現などの情報を聞き取り、患者さんごとの服薬指導記録を作成します。

医師・看護師に患者さんの情報をフィードバックし、薬剤情報を提供するなどチーム医療に参画し、薬物療法の向上に努めます。

各部署のご案内

トップへ戻る