HOME>第1回ICLS講習会を開催いたしました。

第1回ICLS講習会を開催いたしました。

3月27日芦屋セントマリア病院主催の第1回ICLS講習会を行いました。

ICLS講習とは、医療従事者のための蘇生トレーニングコースで、特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得するものです。
病院内での急変に対して迅速に対応していかなければならない医療現場では、日頃からのトレーニングが欠かせません。 芦屋市には3施設しか病院がないことから、芦屋市内の救急患者にもっと良い医療を提供するための一つとして、当院よりお声かけさせていただき開催となりました。
市立芦屋病院、南芦屋浜病院の先生や看護師さんなど多くの方にご参加いただき、開催がきっかけで、他病院のスタッフとも交流が出来ました。
また、講習をしていただきました、先生方の熱い気持ちに触れることができました。今後もICLSの講習会を定期的に開催する予定です。 
芦屋市の医療従事者全員が1つのチームになり医療の向上ができるようになればと 思っています。


BLS(一次救命処置)を学んでいきます。
・心臓マッサージの正しい方法を学びます。
・AEDの使い方を学びます。

病棟急変患者が発生したと想定して、呼吸管理(挿管)、除細動器や点滴などを実際に使用し訓練しました。器械の使い方だけではなく、チーム医療として声掛けや観察項目や動き方なども何度も繰り返し行いました。